大林のページ

電気通信大学羽田研究室所属
大林敬幸の個人ページです。

前へ
次へ

研究内容

球面マイクロホンアレイを用いたバイノーラル信号生成手法

現在,全天球映像に付与するバイノーラル信号の生成手法に関する研究を行っています。
これまでに頭部の回転に対応したバイノーラル信号をリアルタイムで受聴できるシステムを作成しました。
 使用機材:球面マイクロホンアレイ(自作),全天球カメラTHETA S,Oculus Rift DK2
 2016-11-27:第2回オープンキャンパスにてデモ展示。

これまでに作ったシステムなど

円筒型マイクロホンアレイのリアルタイム指向性制御

水平面内で見ている方向の音を強調し,リアルタイムで視聴できるシステムを作成しました。
 使用機材:円筒型マイクロホンアレイ(自作),全天球カメラTHETA S,Oculus Rift DK2
 2016-06-04:オープンラボ,2016-07-17:第1回オープンキャンパスにてデモ展示。

球面マイクロホンアレイのリアルタイム指向性制御

全天球内で見ている方向の音を強調し,リアルタイムで視聴できるシステムを作成しました。
 使用機材:球面マイクロホンアレイ(自作),全天球カメラTHETA S,Oculus Rift DK2

misc

頭部伝達関数(HRTF)の測定データを配布しているWebサイト

2017年 8月現在での情報です。Webサイトの抜けがあるかもしれません。

ページのトップへ戻る